【 京都観光のスマートな移動手段!?見逃せないコツ公開 】

*アフィリエイト広告を利用しています

京都観光での効率的な移動手段|これを知らずに行けない!

京都行くなら、やっぱりバスの一日券かな?

元市バス運転士

そう考えがちですが、最適な方法を、元京都市バス運転士の私がお教えします。

目次

おすすめする移動手段ランキング

スクロールできます
一人旅カップル・友達旅行家族旅行
① タクシー
② 電車&徒歩
③ 他社バス
④ レンタカー
⑤ 京都市バス
元市バス運転士

こう考えます。
以下でご説明。

おすすめ手段のメリット・デメリット

1位:タクシー

言われなくても、余裕があれば当然ですよね。

<メリット>
<デメリット>
  • 目的地まで最短で行ける
  • 観光に時間をかけられる
  • 混雑しない
  • お酒を飲んでも大丈夫
  • 数人利用なら割り勘でバスより安くつく時もある
  • バス料金の数倍はお金がかかる

費用は高くつくかもしれませんが、貴重な時間に勝るものではありません。

旅行は贅沢を味わうもの。

こんなところでケチっていても、

楽しくありませんよね。

  \ 関西で使用率No.1配車アプリ /

2位:電車&徒歩

京都市内の電車は充実していませんが、

目的地近くの駅まで行って、

少々歩く位が丁度よいです。

<メリット>
<デメリット>
  • バス以上に混雑はしない
  • 安全性が高い
  • 歩行で足が疲れる
  • 小さい子供連れだと大変

せっかくの旅行。たくさん色んな所に行きたいでしょうが、スポットを絞って行動しましょう。3カ所位までがおすすめです。

3位:他社バス

一日乗車券等により、

混雑がひどい京都市バス。

ですので、

これら京都市バス以外を考慮しましょう。

<メリット>
<デメリット>
  • 京都市バスよりは、車内は快適に感じれます
  • 本数が少ないので、タイミングが必要
  • 一日乗車券非対応(一部対応)

運転士さんも優しめな方が多い印象を受けます。

4位:レンタカー

京都市内中心部から、

東は清水・祇園北は鞍馬・大原西は嵐山・高尾南は伏見稲荷

これらを回りきろうとするなら、おすすめ。

<メリット>
<デメリット>
  • タクシーを探さずに、自分のペースで移動できる
  • 全部タクシー乗るより、割安になる
  • 車の免許が必要
  • 観光地の駐車場探しに苦労する
  • 場所によって渋滞にハマる
  • 交通事故の可能性が高くなる

それでも、自由さでは、一番ですね。

  \ お得なレンタカーを比較しよう /

5位:京都市バス

地下鉄・バス一日券により、

一番安く移動できます。

<メリット>
<デメリット>
  • 費用が安く済む
  • 京都市内全域を網羅
  • バス車内は混雑がひどい
  • シーズン時の渋滞がひどい
  • 予定が崩れる
  • 高齢者、子供には可哀想すぎる車内
  • 時間通りにバスが来ない
  • 客が多すぎてバスに乗れない

バス車内混雑は、必至です!覚悟をしておきましょう!

尚、

バスのみの1日乗車券(700円)は発売終了しています

その他:自転車&キックボード等

京都市内でもだいぶん普及してきました。

<メリット>
<デメリット>
  • 費用が安い
  • 渋滞知らず
  • 長距離の移動に不向き
  • 子供連れ旅行に不向き

仮に、清水寺~祇園~四条河原町~四条烏丸だけの移動に絞るなら、全然アリです。

< 公式サイト >

いつでも・どこにいても自由に移動できるLUUP.

ピッ!とすればパッと借りられるP!PPA.

総合的に判断しよう

これらの方法を組み合わせたり、

京都市バスを組み込むのも良いでしょう。

一番伝えたいことは、

  • 一日乗車券購入したから、乗らなきゃ損だと考えるのやめよう
  • 移動費用はなるべく抑えたいと考えるのやめよう
  • 時間はお金で買えない大切なもの
  • バス車内の混雑、とてもストレスに感じます
  • 何のために旅行に来たのかをよく考えてみて、贅沢をしましょう

京都観光を心ゆくまで楽しむためには、

これらの移動手段を

目的や体力、予算に合わせて選ぶことが肝心です。

それぞれの移動手段のメリットを活かしながら、

時間を有効に使い、

古都の魅力を存分に堪能してください。

ぜひ快適で素敵な京都観光旅行になることを、願っております。

\ 関西利用率No.1配車アプリ /

全国の格安レンタカー料金を比較・予約するならエアトリ!

\ ほとんどが均一3,030円で着物も帯も自由 /

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次